Mountain Endurance Life

Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すはSDA王滝100kmCAT優勝。のはずが、いつの間にかロードバイクが中心に。

Zwift - Group Ride / ロードバイク - 安濃ダム

今日は午前休なのでEmondaのポジションを決めてしまおうと子どもたちを学校へ送り出してから準備開始。

 

 

サドル高と前後位置を再チェックして家を出たがAssiomaが起動しない。すぐに家に戻って充電したら動き出した。アプリでチェックすると左側がほぼゼロで右側はフルという状態。先日充電したばかりなのに何故だと思いしばらく様子を見ていると、充電端子の片側の反応が弱い。もう壊れたのかと動揺したが、とりあえず正常な方で左側のみ充電することに。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20211027131142j:plain

 

これで充電中を告げるLEDが勢いよく点灯したので、ある程度充電できるまでZwiftで時間つぶし。

 

Zwift - A&B Cycle - Group Training Ride (C)

f:id:MountainEnduranceLife:20211027131625j:plain Zwift(Emonda SL6 / Pioneer ) , '49 , TSS55

 

2.5-3.2wkのグループライドに参加。昨日痛めた左臀部は一日中ロキソニンシップを貼っていたのが効いたのか随分回復してる感じだが、最初は集団中ほどで様子見。

もう少し出力を上げても臀部は大丈夫そうなので前に出てローテに入る。最後は250w以上が気持ちよく回るようになったところで終了。左足裏はもちろんどこにも痛みが出ず良い感じだ。

 

ロードバイク - 安濃ダム

f:id:MountainEnduranceLife:20211027132418p:plain◆Émonda SLR10: 41.2km(↗︎322m), 1'15 , 32.8km/h , 223w(NP243w) , TSS91

 

Assiomaのバッテリー残量が赤から黄に変わっているので1時間くらいならもつだろうとZwift終わりでそのまま出発。

ポジション調整が主目的だから適当に走るつもりだったが、スタートから特に違和感なく踏める。それでも前回は膝に痛みが出たのでしばらく慎重に走っていたが、どうやら問題なさそうで230wくらいなら軽く踏んでても維持できる感じ。

気持ちよく脚が回るので(もちろんどこにも痛みは出ない)、1時間くらい適当に走る予定を変更していつもの安濃ダムコースをトレースすることに。

岩城の登りはハンドルバー持ってアウターのままクルクル回して290-300wで。安濃ダムの登りも同様。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20211027133312j:plain

 

ここまでで8月に気持ちよく踏めてた状態に近い感触を得たのでポジションはしばらくこれで行くと決めた。

ちなみに変化に気づけるようにいつも同じ場所・構図で写真を撮ってるんだが、これを見ただけではどこがどう変わったか自分でも分からない。客観的にはそれくらい小さなポジション変更なのかもしれないが、自分にとってはどこにも痛みなく踏めるだけでも大きな変化だ。ダムから家までは4wk目安で最後まで垂れずにゴール。

データ見ると平均スピードもそこそこ出てるので、踏めるけど進まない、あるいは空力が悪くなったとかは無さそう。ロードバイクに乗り始めて5年目にしてついに覚醒するのか。遅いな…。

今日の結果をもって11月の吉野6峠はEmondaで走る方向で9割方決定。残りの1割はMadone。6峠はほぼ一日中サドルの上にいることになるので、ISO SPEEDの快適性も捨てがたい。