Mountain Endurance Life

Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すはSDA王滝100kmCAT優勝。のはずが、いつの間にかロードバイクが中心に。

Zwift - Recovery Ride 2.5h

GW 最終日。

TSBは▲37だけど久しぶりに7時間以上寝たせいなのか意外と身体の怠さはない。でも今日は予定通りレスト。

とりあえず1時間半フリーライドしてから10時半からのグループライドに参加。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20210505194544j:plain

 

フリーライドと合わせてTSS110。あとTSS20でGW期間中のTSSが1000を超えるんだけど、それにあまり意味を見出せなかったのでこれで打ち止め。

 

総括すると、2021GWのメインの目標はCTLを130以上に乗せることだったのでクリア出来て満足。あとは雨乞峠のPR更新というのがあったけど、これは近いうちに更新してやろうと思っていたのでオマケだとしても嬉しいな。それと厳密にはGWネタではないけれど、先週の美杉・安濃ダム150kmでave32km/h&200wオーバー出来たことも良かった。去年は安濃ダムなしの美杉コースだけでもどうしてもクリア出来なかったからなぁ。

本命レースまであと4ヵ月。こうなったらレース当日TSB+10程度でCTLが130超えるまでに仕上げてやろう。

 

GWエブリデイ晩飯担当最終日は餃子。100個以上包んだ。

f:id:MountainEnduranceLife:20210505200042j:plain

 

買い出しからタネの仕込含めて全部やってこその晩飯担当。昨日は不可抗力として、今年は3日坊主にならずに済んだ。

 

 

 

ロードバイク - ソロ美杉、安濃ダム

GW day4。TSB▲22。流石に疲労が蓄積。それでも絶好のサイクリング日和なので外練。

f:id:MountainEnduranceLife:20210504201853p:plain◆Madone SLR9 Disc: 151km(↗︎1313m), 4'54, 30.9km/h, 187w(NP214w), TSS276

 

もう踏めないことは分かっているので、とにかく150km走りきることを目標に7時に出発。コースはロケッツ練コース+安濃ダム。ワンパターンだけどコースをあれこれ考える手間が省けるし、何より慣れ親しんだコースなので危険箇所が把握できててリスク低減という意味でもベターチョイス。

スタートして脚の調子を確認。全く踏め無いわけではないけど、当然出力は低い。ので、省エネで如何に無駄なく速く走れるかを考えながら走る。雨乞峠、仁柿峠を越えてから道の駅美杉で補給ストップ。ここまでave29.3km/h、188w。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20210504202257j:plain

 

脚が固まるのが嫌だったので5分も経たずに出発。飼坂、逢坂から久居までのご褒美下り区間は若干の向かい風。やめて。

久居の信号待ちを利用しての追補給で一息ついたら急に疲労感が。脚が重いのはもちろんだが、それよりも上半身が怠いというか肩がパンパン。サイコン見るとave30km/hはクリアしてるしTSSも200を超えている。このまま家に帰れば120kmほど走ったことになるしもう十分じゃないかと悪魔の囁きが…。しかし疲労感がある中150km走るという初志は貫く。やめてしまうのは簡単。

一度決めてしまえばあとは気楽なもの。追い風にも助けられ安濃ダムまでは割と直ぐに着いた。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20210504202446j:plain

 

安濃ダムまででave30.6km/h、187w。あとは下りだけなので目標達成は確実ということで気楽に脚を回して無事帰宅。疲れた。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20210504202807j:plain

 

一応今年のGWの目標である「CTLを130以上に乗せる」はクリア出来た。明日はリカバリーでいいかな。

 

GWエブリデイ晩飯担当の件。今日は長男の家庭科の宿題のため奥さまが担当したためDNF。不可抗力です。

 

 

ロードバイク - 安濃ダムサイクリング / Zwift - 3R Watopia Flat Route Race - 2 Laps (20.5km/12.7mi 108m) (A)

GW day3。

6時に起きて外を確認すると風が強い。昨日よりマシとはいえこの風のなか外練ロングとかは気乗りしない。でも天気自体は快晴でサイクリング日和。しばし思案してやっぱり外練に行くことに。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20210503200643p:plain◆Émonda SLR10: 63.8km(↗︎680m), 2'05 , 30.7km/h , 198w(NP228w) , TSS128

 

本命は近場を2時間走→Zwiftレースだけど、気持ちが乗ってこればロングに切り替えるかとそれなりの準備をして7時に出発。したはいいが、西風(向かい風)が強くてスタートして15分でロングの線は消去して近場2時間走に…。

GW3日目にしては割と踏めるなと思っていたが、時折サイコンをチェックすると感覚よりパワーは低め。疲れてるというのもあるだろうが、この後のZwiftレースのために余力をーとかつい計算してしまう。やっぱりZwiftレースからの外練というパターンの方がいいな。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20210503201004j:plain

 

岩城辺りで1名、安濃ダムで2名のロード乗りとすれ違ったが、皆とても速そうに見えた。自信がある時はそんなこともないのかもしれないけど。準備不足で試験当日を迎え、会場に入って自分以外全員が賢く見えてしまうのと一緒だわ。人間の心理は面白いな。ちなみに安濃ダムですれ違った方とはSTRAVAで繋がってたみたい。せっかくなのでリアルで交流すればよかったんだけど、極力足を止めずに走りたかったので軽く会釈して終わらせてしまった。機会損失。

 

 

帰宅して予定通り10時過ぎのZwiftレース。

f:id:MountainEnduranceLife:20210503201218p:plain Zwift(Emonda SL6 / Pioneer ) , '29 , TSS51

 

距離が短いのでスタートからアゲアゲかなと思ったら割とゆっくり目のペース。

2周目に入りZWCの選手が逃げるが、追いかける脚がなかったので集団にお任せしてつかまえる。

最後はスプリントポイントからの上りで再度ZWCの選手がアタック。これは流石に誰も切れなかったが、この後のアップダウンの最後のアップでZWC選手の3たびのアタック。そのまま10倍以上でゴールしてた。強すぎる。あとは集団スプリント。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20210503201332j:plain

 

6位。脚が終了。

レース後、砂漠平坦で20分ほとダウン走して終了。トータル200TSS。今のところTSS200/Dayペースなんだが、疲れがたまってきてるので明日以降の雲行きが怪しい。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20210503201503j:plain

 

GWエブリデイ晩飯担当3日目は焼き鳥&BBQでごまかした。

 

 

ロードバイク - リカバリーライド100km

GW Day2はリカバリーライドで100km。

f:id:MountainEnduranceLife:20210502204926p:plain◆Madone SLR9 Disc: 105km(↗︎735m), 3'41, 28.5km/h, 161w(NP192w), TSS161

 

7時に家を出たんだが今日は徐々に風が強まる予報で、その通り出だしから西風が強い。道の駅美杉まではずっと向かい風だった。

道の駅美杉でトイレ&補給のあとスタートする際にサイコンのオートストップをオフにしていたことに気づいて萎える。10分くらいの休憩だったけど、これだけで平均スピードとかワットとか結構下がる。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20210502205400j:plain

 

飼坂トンネルからの下りはハンドルを取られるくらい横風が強烈でブレーキを当て効きさせながら慎重に下る。この下りでの落車とかシャレにならん。

以降は強烈な追い風に乗って快適だった。結局、道中の全峠をカットしての平坦走、かつほぼ踏まなかったので3時間半以上走ってTSS160。まぁ狙い通りのリカバリーライドかなと。

 

午後から次男とコナン観賞。上映開始5分で深い眠りに。気づいたらもう後半を大分過ぎてた。映画終わりでそのまま晩ご飯の食材を調達。

f:id:MountainEnduranceLife:20210502205745j:plain

 

ホットプレートナポリタンとコールスローサラダ。どっちも上手くできた。ちなみに昨日はチキンのトマト煮込みを作ったんだけどアップし忘れた。

今年のGWこそエブリデイ晩飯担当予定。去年は3日坊主だったからな。

 

 

ロードバイク - 美杉コース

GW Day1は美杉コースへ。

f:id:MountainEnduranceLife:20210501185105p:plain◆Émonda SLR10: 126km(↗︎1217m), 3'55 , 32.1km/h , 194w(NP231w) , TSS250

 

今日はソロじゃないので平均ワットとかは意識せず雨乞峠のベスト更新に照準をあわせて出発。とはいえ、辰水神社でゴンゾーさんと合流してから前を牽くときはソロで走るよりも強めに踏むことを心掛ける。

1時間ほどで家城のコンビニに到着してからフクダくんも合流。社会人1年目でなかなか練習時間が確保できてないとのことだったが三味線だった。

君ケ野ダムの上りでゴンゾーさん、フクダくんが先行していく。しばらく後ろについていたけど無理目の強度だったのでそっと千切れる…

アップダウンで再集合してからいよいよメインディッシュの雨乞峠。出だしの急坂はダンシングで6倍強。踏みすぎかなと思ったけどこれくらい気持ちを強く持たねばと。

平坦区間を牽き終えてからゴンゾーさん、フクダくんが前に出てくれる。しばらくしてフクダくんがジワジワと先行していくが、ワタシはゴンゾーさんにツキイチ。終盤まで一緒に走っていたが、最後の斜度が上がるところで離された。あそこで死ぬ気でついて行くという気持ちがないとダメだな。それでも8:26 315wで自己ベストを13秒更新出来た。お二人のおかげです。

道の駅から仁柿までは半分以上牽いてたフクダくんがラスト300mほどでチェーン落ち??したのでその隙に先着。せこすぎる。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20210501190718j:plain

 

危うくオールアウトしかけるところだった。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20210501190752j:plain

 

ここでフクダくんとお別れ。あとはゴンゾーさんと帰路なんだが天気が悪化して向かい風に。それでも練習だと思って先頭時は10分250-260wを目標に踏む。快適にローテしてave32km/h以上といいペースで久居着。

ゴンゾーさんとお別れしてから欲を出して距離を稼ぐべく遠回りして安濃庁舎まで走ったはいいけど、そこから爆風の向かい風で30km/hも出せずに悶絶。最後の最後でいい練習になったと前向きに考えるか。

GW初日だというのに頑張りすぎて明日以降が不安だ。