Mountain Endurance Life

Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すはSDA王滝100kmCAT優勝。のはずが、いつの間にかロードバイクが中心に。

Zwift - Group Ride / ロードバイク - 安濃ダム

今日は午前休なのでEmondaのポジションを決めてしまおうと子どもたちを学校へ送り出してから準備開始。

 

 

サドル高と前後位置を再チェックして家を出たがAssiomaが起動しない。すぐに家に戻って充電したら動き出した。アプリでチェックすると左側がほぼゼロで右側はフルという状態。先日充電したばかりなのに何故だと思いしばらく様子を見ていると、充電端子の片側の反応が弱い。もう壊れたのかと動揺したが、とりあえず正常な方で左側のみ充電することに。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20211027131142j:plain

 

これで充電中を告げるLEDが勢いよく点灯したので、ある程度充電できるまでZwiftで時間つぶし。

 

Zwift - A&B Cycle - Group Training Ride (C)

f:id:MountainEnduranceLife:20211027131625j:plain Zwift(Emonda SL6 / Pioneer ) , '49 , TSS55

 

2.5-3.2wkのグループライドに参加。昨日痛めた左臀部は一日中ロキソニンシップを貼っていたのが効いたのか随分回復してる感じだが、最初は集団中ほどで様子見。

もう少し出力を上げても臀部は大丈夫そうなので前に出てローテに入る。最後は250w以上が気持ちよく回るようになったところで終了。左足裏はもちろんどこにも痛みが出ず良い感じだ。

 

ロードバイク - 安濃ダム

f:id:MountainEnduranceLife:20211027132418p:plain◆Émonda SLR10: 41.2km(↗︎322m), 1'15 , 32.8km/h , 223w(NP243w) , TSS91

 

Assiomaのバッテリー残量が赤から黄に変わっているので1時間くらいならもつだろうとZwift終わりでそのまま出発。

ポジション調整が主目的だから適当に走るつもりだったが、スタートから特に違和感なく踏める。それでも前回は膝に痛みが出たのでしばらく慎重に走っていたが、どうやら問題なさそうで230wくらいなら軽く踏んでても維持できる感じ。

気持ちよく脚が回るので(もちろんどこにも痛みは出ない)、1時間くらい適当に走る予定を変更していつもの安濃ダムコースをトレースすることに。

岩城の登りはハンドルバー持ってアウターのままクルクル回して290-300wで。安濃ダムの登りも同様。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20211027133312j:plain

 

ここまでで8月に気持ちよく踏めてた状態に近い感触を得たのでポジションはしばらくこれで行くと決めた。

ちなみに変化に気づけるようにいつも同じ場所・構図で写真を撮ってるんだが、これを見ただけではどこがどう変わったか自分でも分からない。客観的にはそれくらい小さなポジション変更なのかもしれないが、自分にとってはどこにも痛みなく踏めるだけでも大きな変化だ。ダムから家までは4wk目安で最後まで垂れずにゴール。

データ見ると平均スピードもそこそこ出てるので、踏めるけど進まない、あるいは空力が悪くなったとかは無さそう。ロードバイクに乗り始めて5年目にしてついに覚醒するのか。遅いな…。

今日の結果をもって11月の吉野6峠はEmondaで走る方向で9割方決定。残りの1割はMadone。6峠はほぼ一日中サドルの上にいることになるので、ISO SPEEDの快適性も捨てがたい。

 

 

 

Zwift - 3R Watopia Flat Route Race - 3 Laps (30.8km/19.1mi 162m) (A)

気づけば10月も最終週。一日一日があっという間に過ぎていくなぁとぼんやりしたところで週末が関西シクロクロスだと思い出した。そこに向けて最後の悪あがきでインターバル練を積むべく今朝はZwiftレースに参戦。

f:id:MountainEnduranceLife:20211026084359p:plain Zwift(Emonda SL6 / Pioneer ) , '53 , TSS88

 

結果的に言うと代わるがわる誰かが飛び出す展開でめちゃくちゃ負荷が高かった。逃げを容認して集団が落ち着くとかは一切なく、常に激しい追走が掛かって息も絶え絶え。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20211026084944j:plain

 

挙句最後の火山に入る手前で左臀部に強めの痛みが出てまともに踏めなくなってしまったので、誤魔化してゴールするのが精一杯だった。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20211026085103j:plain

 

いい練習にはなったけれどダメージが大きい。

 

根本的にポジション変更したのが先週水曜日。それからZwiftレースや周回練を経て約1週間経過したので現状整理。

【〇】

・左足裏の痛みが消えた

【✕】

・両足首(特に右側)に痛み

・両膝に痛み

・左股関節の違和感

・左臀部に痛み(←今朝)

✕の内、上二つはほぼ消えつつあり、三つめは気にならない程度なんだが、今朝出た四つめは全く想定してなかった上に症状的にあまりよろしくないかも。

あと面白いところでは、今まで左側にしか出来なかったローラー後の汗染みというか汗だまりが右側にも出来るようになってきたこと。今までよほど左に傾いていたんだろう。

サドル下げてかつ前に出してコンパクトに乗るようになった分だけ関節の可動域が強制的に広げられ、それらの負荷が各部位に出てると分析。逆にいうと今まで左足裏一箇所に負荷が集中していたとも言えるのか。

いずれにせよもうしばらく産みの苦しみは続きそう。

 

 

 

ロードバイク - 辰水、榊原、安濃ダム

子どもの予定のためタイムリミットが10時。天気もよく微風なのでロング練に行きたかったが、早起きして出発する気力がなかったので3時間ほど外練するつもりで7時発。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20211024203543p:plain◆Émonda SLR10: 76.9km(↗︎774m), 2'31 , 30.5km/h , 205w(NP228w) , TSS162

 

Madoneのポジションが一応出たところで次はEmonda。Madoneのサドル高が718mmなのでAssiomaとLOOKのスタックハイト差5mmを考慮して713mmにセットして出発。

本来それでバシッとポジションは出てるはずなんだが、予想通りというかなんというか何度か上げたり下げたりを繰り返しながら進む。

それとて微調整に過ぎず基本的には大幅にサドルを下げたことには変わらず、そのせいか足裏の痛みはほぼない。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20211024204052j:plain

 

終盤になって若干膝に痛みが出てきた。それがEmondaのせいなのか、昨日の周回練含めたダメージの蓄積なのかはわからない。いずれにせよ大幅にポジション変更していきなり強度を上げて乗り込んだことが影響してるのは間違いない。

3時間乗るはずが2時間半になってしまったけど、大体時間通りに帰宅。上げたり下げたり微調整を繰り返したEmondaのサドル高を計ってみたら713mmだった…。それでもEmondaはもう少し要調整。

片付けしてたら子どもの予定がなくなったと告げられフリーになってしまった。それならばとBペーサー使ってZwift。外練と合わせて200TSSに達したところで終了。

 

昼飯食べて長男の技術の宿題手伝ってから次男とお出かけ。近所の花屋で花壇用にいくつか花を買ってから本屋へ。それから晩ご飯の買い出しを済ませてすぐに買ってきた花を植える。一息つく間もなく晩飯の準備。

まずは自分用にミックスナッツの柚子こしょう和えをアテに上海ハイボール紹興酒+炭酸)を一杯。これだけで結構おなかが膨れる。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20211024205033j:plain

 

ちょっと酔っぱらってしまったけどそのままメインに取り掛かる。

f:id:MountainEnduranceLife:20211024205316j:plain

 

トマトパスタとクリームソースパスタを20分くらいで作る。パスタは茹でずにフライパンの中でソースと和えて、出来上がったものを大皿に盛る。あとは市販のピザを一枚焼いて終了。手抜きだったけどなかなか美味しかった。

少食の長男が如何にモリモリ食べるかが自分のテーマなんだが、今日もたくさん食べてくれてた。最近三食しっかり食べてる上に間食もしてるから身体が大きくなってきた。奥さまの身長抜いたのはついこの間だと思ったんだが、今では10cmほど高くなってる。いいことだ。

 

 

ロードバイク - 三味線R ガーデン周回練 (8周)

今日はチーム周回練に参加してきました。

f:id:MountainEnduranceLife:20211023205921p:plain◆Madone SLR9 Disc: 111km(↗︎825m), 3'16, 34.3km/h, 210w(NP256w), TSS264

 

サドル調整の結果が上手くいかず全く踏めずに千切れて練習にならなかったらどうしようと不安な夜を過ごす。

家を出たらやや違和感があったので途中で少しサドルを上げたら結構しっくりきたような。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20211023210425j:plain

 

今日も大盛況なので3班に分ける。自分はニシオさん、カワベさん、ブルーさん、もうお一方の5名で走る。

1周目のスプーンからブルーさんが上げていく。続く自分もペースを落とさないように合わせて走る。

2周目終わりくらいで一人脱落。4周目くらいからニシオさん(←練習し過ぎ)も厳しそう。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20211023211555j:plain

 

5周目からニシオさんがローテに入れなくなってきてブルーさんと二人で回す感じに。かなり厳しい展開だったが、左足裏の痛みがなかったのでギリギリで耐える。

7周目からは明らかに踏めなくなり、裏のストレートで右脚が攣りかける。誤魔化しながら8周目を耐えてなんとか完走することが出来た。

以下ラップデータ

・16:33 AP199w NP252w 
・16:11 AP220w NP267w 
・16:13 AV240w NP272w
・16:40 AV239w NP274w 
・17:06 AV241w NP292w
・16:46 AV234w NP270w
・16:57 AV227w NP267w
・17:04 AV241w NP283w

周回練中のピークデータを抜きだしてみたら、2時間、AP234w、NP274wで過去最高値かも。これだけ踏めたということはここ最近のサドル調整は正解だったのか。これで一旦調整は打ち止め。

サドルを下げた代償として出ている右足首の張りについては、タクマくんのアドバイス通りシューズがフレーム側に寄るように帰宅してからクリート調整してみた。明日以降また観察してみよう。

 

ここまでサラッと書いたものの身体へのダメージは甚大。なので甘味でリカバリー。

f:id:MountainEnduranceLife:20211023212400j:plain

 

 

シクロクロス - スキル練

11月中旬の東海シクロクロスがCX開幕戦のつもりだったけど、10月末の関西シクロクロスにエントリーしてしまったのであわててスキル練。

f:id:MountainEnduranceLife:20211022085118p:plain◆Crockett 5 Disc , 8.21km , '43 , hrTSS31

 

ロードバイクのサドルを下げたのに合わしてCX車のサドルも下げ、タイヤはFR1.7barにして出発。

到着したらまずは8の字から。すくみずさんのYouTubeを参考に50周やるつもりだったけど、絶対に途中で周回数が分からなくなるはず。なので周回数ではなくて時間で管理。

持参したコーンを2車間分あけて10分と決めて開始。5分ほど経過して慣れてきたので少し攻めた途端にフロントがグリップを失って転倒。今年の初コケ。幸い擦り傷程度で済んだので歪んだサドルを元通りにして残り5分消化。

あとは公園にあるもの(ベンチや植栽)の間を縫って走ったり、飛び乗りの練習などやって終了。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20211022085941j:plain

 

サドルを下げてかつ水平にしたからなのか飛び乗りが去年よりスムーズな気がする。前下がりにしてサドル後端が上向いてると引っ掛かりそうで、それがなんとなく心理的障害になってたので。

反面踏み込んだ際にやや違和感がある。8の字や植栽の間走ったりする際には全く気にならないけど、直線で力を入れにくい。この辺はもう少し乗って様子見。

 

毎年この時期にこの公園にやってきて同じ事やってるんだが、人の目を気にしたら負けですね。