Mountain Endurance Life

Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すはSDA王滝100kmCAT優勝。のはずが、いつの間にかロードバイクが中心に。

Zwift > Run > Zwift

今朝はZwiftで適当なイベントがなかったのでWatopiaの40kmほどのコース、Out and Back Againをソロでフリーライド。

f:id:MountainEnduranceLife:20201203210544p:plain Zwift(Emonda SL6 / Pioneer ) , 1'17 , TSS72

 

安濃ダムサイクリングと距離も似ていることだし、それと同じようなTSSが稼げればいいかなという感じでスタート。

5分ほど暖機運転してから200wで巡航開始。ちょっとしたアップダウンや坂だけ頑張る感じでコースを消化していく。半ばでVolcano KOMが出現したので4倍目安に登っていたが垂れた。下ってからIsland Climbもこれまた垂れた。

最後はゴールゲートに向かってスプリント練。Max750wに納得いかなかったのでUターンして再トライするももっと低かった。疲れてるなかTSS72は上出来。

 

今日は出先から直帰。時間に多少余裕があったので久しぶりにランニング。データ見返すと25ヶ月ぶりとなっている。その25ヶ月前も厳密にはランニングではなくトレッドミルなんだけど。

ランニングと言っても本格的に走りたいわけではなくて、シクロクロスのランニング対策がメイン。

なのでランニングで頑張って故障する訳には行かないので低強度で2km程度と決めてスタート。

それにしてもまぁシンドイこと。心肺はそうでもないけど脚がすぐにパンパン。予定通り2km走って終了。

◆ Run (Adizero Japan2 ) , 2.40km , '14 , hrTSS17

今日はかつてのメインシューズであるAdizero Japan2(シューズ)で走ったんだが、今のワタシにはソールが薄すぎてスパルタン過ぎる。もっと厚底のシューズじゃないと本当に故障しそう。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20201203212513j:plain

 

ランニングウォッチは、これまたかつて使っていたSuunto Ambit2。7-8年前の機種ながらログ機能だけみれば現在でも申し分ない性能。ただログのアップロードが現在主流のネット経由の自動アップロードではなく、専用USBコードでPCと同期する方式。使い勝手が悪すぎる。そう考えると今使ってるサイコン類は優秀だな。

 

ランから帰ってきて汗かいたついでにレーパンに履き替えてそのままZwift。

タイミングよく30分3.0-3.2w/kgのグループライドがあったのでリカバリーにと思って参加。ヒロノブさん、カワベさんも一緒に走る。

ところがスタートからペースが速い。いきなりグループが分断され後方に取り残されるが、ヒロノブさんが6倍以上で単独ブリッジしていく。なんとなく一緒に追いかけてしまい前のグループに復帰。

案の定このグループのペースは速く、ヒロノブさんも前でガンガン牽いている。いやだから3.2w/kgのサイクリングなんですが・・

いつドロップするかずっと考えながらついつい終盤まで。最後は5人ぐらいでムキになって競争して終了。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20201203213827j:plain Zwift(Emonda SL6 / Pioneer ) , '32 , TSS41

 

結局30分 248w (NP273w)とリカバリーにならず。

 

明日、明後日の2日間はリカバリーに撤しないと本格的に明後日のレースに差し支えそうなくらい疲労脚。