Mountain Endurance Life

Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すはSDA王滝100kmCAT優勝。のはずが、いつの間にかロードバイクが中心に。

Zwift - 3R Watopia Flat Route Race - 3 Laps (30.8km/19.1mi 162m) (A) / Run - 3.6km

話題のアレを手に入れた。 

■SKOPRE(スコプレ) ZENsystem クリート ケイデンス/パワーブースター

ZENクリート ケイデンス パワー ブースター

なんでも、

・約5-7rpmほどのケイデンスアップ、上りでのペダリングパワー約4%超の向上が見込める

ケイデンス80を維持した状態での11分のライダー平均パワーが5%向上し、ペダル下死点でのトルクが20%向上しているという結果が出ている

らしい。

仕組みとしては、

通常クリートであれば踏み抜いたときに下死点で下へ向かうパワーを入力ベクトルを変えることでペダリングストロークを改善するというもの

らしい。

どうもヒルクライマーに有効っぽいが、丁度LOOKクリートの更新時期でもあったので試してみることに。

f:id:MountainEnduranceLife:20201208085308j:plain

通常のクリートより5mmほど厚みが有るのでサドル高を5mm上げて、前後位置も少し前に出す。

昨夜はこの状態でリカバリー20分。ネットに散見されるような厚みが増したことによる違和感は特に感じなかった。鈍感だ。

 

今朝は恒例のFlat Route Race。

f:id:MountainEnduranceLife:20201208090605j:plain Zwift(Emonda SL6 / Pioneer ) , '38 , TSS28

 

アップ。普通。

先週平日は寝汗が酷くて夜中に何度も目が覚めるなど不調だっが、レース当日の日曜日からようやく復調。今週は気力体力ともに通常運行に戻った感がある。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20201208090533p:plain Zwift(Emonda SL6 / Pioneer ) , '49 , TSS87

 

レースはスタートからハイペース。それもそのはずでUCIプロとZPの競演。

ボロボロになりながらついてくつまらない展開だったが、2周目あたりで彼らにエクスクラメーションマークが出て消去された。

それからは少しペースが落ちて最終周は15名くらいで入る。トンネル越えてから一人逃げたので数秒置いてから単独ブリッジ。しばらく二人になったけど程なく吸収。

火山の2段坂越えてから二人が逃げていくが誰も追えない。あとは残った集団でスプリント。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20201208091639j:plain

・Pioneer : 48:06 , 294w (NP315w)

 

ブルーさん、ハヤシさんに蹴散らされて終了。

今日はシッティングのままのスプリントを試してみたが、Max695wと腰を上げて体重かけた方がマシなレベルだった。

 

さて、肝心のZENsystemクリートであるが、その特性からZwiftレースみたいなインターバルでのパワー向上というより、ペダリングストロークの改善による効率UPに期待していた。

毎週火曜日は同じレースに出ているので幸いなことに比較出来るデータの蓄積だけは豊富。

果たして、

12/6 48% (47:49%)

12/2 47% (46:48%)

11/25 48% (48:49%)

11/17 48% (47:49%)

11/10 47% (45:49%)

・・・なんの変化もなし。やはりヒルクライマーに有効ということなのかな。

 

ちょっと分厚いクリートに変えてサドルとハンドルの落差が大きくなり自転車の見た目が格好良くなったからいいじゃないか、なんて朝からポジティブ思考になれて清々しかった。

いずれにせよクリートはこれしかないのでしばらく使ってみる。そのうちいいことがあるかもしれない。

 

 
 
夜、帰宅して長男を塾に送り届けてからラン練。今日のテーマは少し距離を延ばすこととペースを上げること。
そのために先週で得た教訓から下記を改善。
・両腕への反射バンド装着
スマホや鍵用のウェストポーチ着用
前照灯として自転車用ライトを携行
・ソール厚めのシューズ
 
自転車で言うところのFTPより下SSTのイメージで走り出すが、最初の1kmくらいが一番しんどい。そこを越えると割りと快適に走れるようになったが、ソール厚めというだけで履いた犬の散歩用スニーカーが失敗。そもそもサイズがいい加減なのでシューズ内で足が動いてしまって余計な負担。かと言って途中で止めるほどでもないので計画したルートをコンプリート。
◆ Run (Nike ) , 3.59km , 18:59 (5:08/km) , hrTSS31
距離が短いとはいえ思ったよりいいペースで走れた。楽しいな。
 
少しランニングしたくらいで走力が向上するなんて思っていない。ただ本番(CXレース)までに、自分は全力で準備したという自信が得られればそれでいいのだ。