Mountain Endurance Life

Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すはSDA王滝100kmCAT優勝。のはずが、いつの間にかロードバイクが中心に。

ロードバイク - ツール・ド・志摩 120km

お盆休みDay2。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200814133333p:plain◆Madone SLR 9 Disc , 122km , 4'26  , 27.7km/h , 137w(NP174w) , TSS185

 

今日も普段あまり出来ないことをやってみようと、志摩をぐるっと1周するコースを走ってきた。

コースは、

道の駅伊勢志摩 - 南張海岸・磯笛崎展望台 - 皇大別宮伊雜宮 - 安乗灯台 - 国府白浜 - 大王崎灯台 - ゆうやけパール街道 - ともやま公園・桐垣展望台 - 賢島大橋 - 道の駅伊勢志摩

で、約120km。

ネットに落ちてるバイクツーリング情報を参考にしてSTRAVAでルート作成。それをSGX-CA600に同期させてのナビゲーション機能をフル活用。

スケジュールは120kmだからどれだけ遅く走っても5時間以内に終わるだろうと、5時半スタートで本格的に暑くなる前10時半頃終了予定とした。(*ルートがほぼ初見な上に、熱中症対策で安全マージンとって250w以上で踏まないルールで)

3時半起床、4時発で道の駅伊勢志摩を目指す。自走とかは無理なのでトランポ。5時過ぎに道の駅に着いたら駐車場は満車。ある程度予想していたので砂利の第2駐車場??へ。ここは空いてた。

Madoneに前後ライト、ボトルx2をセットし、日焼け止めを塗って5時半スタート。補給はいつも通り、ランチパックx1と予備でカロリーメイト、ジェルx2。

気温は25℃とかなり涼しいがすぐに暑くなってくるだろうからとにかくゆっくりと体力をセーブしながらまずは浜島方面は南張海岸・磯笛崎展望台を目指す。ここはサカイレーシングさんのロング練でトネくん待ちが発生した場所。来たことあるってことで写真も撮らず通過。

次は磯部方面は伊雜宮へ。まだ気温も低く道路も緩やかなアップダウンの連続で快適。スタートから37kmほど1時間20分で到着。

f:id:MountainEnduranceLife:20200814135539j:plain

とくに参拝するでもなく写真だけ撮って出発。

 

次は安乗灯台灯台を目指すってのはなんとなく気分が盛り上がる。磯部から南下して途中渡鹿野船着場入口を横目に一路安乗へ。

f:id:MountainEnduranceLife:20200814140050j:plain

最後は漁港からかなり細い道を通って到着。スタートから55km、2時間経過。灯台眺めて少し物思いに浸ろうと思ったが、オバチャンが携帯電話中だったので叶わず。なんでこんなところで朝早くから携帯で喋ってんだ??

 

次は大王崎灯台へ。途中国府白浜を横目に。ちなみに国府の浜はサーフィンのメッカだが、何を隠そう私も一度だけ国府で波乗りしたことがある。自慢じゃないが一度も立つことができなかった上に、台風明けの波に流されそうになった。苦い。

そんなことを思い出しながら70km地点である大王崎灯台に到着。スタートから2時間40分経過。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200814140811j:plain

大王崎灯台へは真珠の小売店が軒を連ねる幅1mほどの急な道を通らねばならず結構ツライ。そうまでして灯台に近づいたものの営業時間前ということで硬く門が閉ざされていた。なんぞ。

f:id:MountainEnduranceLife:20200814141155j:plain

手前の休憩スペースからの眺めは良かったが、直射日光爆盛りで1分ほどで退散。

 

次は大王崎から西へ向かい御座白浜を目指す。実はこの御座白浜までのルートがゆうやけパール街道と言ってかなり景色が良いらしいので一番楽しみにしていたのだが、海岸線が現れたのは一瞬なうえ、名前の通り夕焼け時に通らないとただの海。サンセット見にまた来いってことか。がっかりな上に、この辺りから気温が上昇してかなり暑い。

焦げながら御座白浜到着。が、当たり前だが海水浴客だらけなのと、そもそも子どもが小さい時に海水浴に来たわ、と思ってそのまま通過。ここまでで85km、3時間半経過。

 

次はともやま公園・桐垣展望台。うーん何となく景色が予想出来る上に、めっちゃ暑い。もうここは省略してもいいかなと思いつつ、これを逃すと一生行かないだろうと予定通りいくことに。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200814142057j:plain

 

まぁ予想通りだね。102km、4時間10分経過。写真だけ撮って素早く移動。

 

いよいよ最後の賢島大橋へ。日本の夕日百選に選ばれているこの大橋。夕日・・今はまだ午前中。いやな予感しかしないがここを通らないとそもそも道の駅に帰れないので進む。もうゴールが見えてきてるので250wルールはやめ。適当にアップダウンで踏んで変化をつけながら。まぁ暑い。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200814142550j:plain

車でなんども通ってたわ。一応シマカンをバックに写真。

 

もう1分でも早く帰りたいが、暑さとともに交通量も増えてきたので慎重に走って無事ゴール。120km、4時間55分。走行時間は4時間25分ほどだからなんだかんだで30分ほど停車してたのか。

 

ということで思いつきのツール・ド・志摩。120kmで1100mほど登ったことになってるけど、アップダウンこそあれほぼ平坦なイメージでかなり走りやすい。観光スポットには事欠かず、地元の海産物を食べたり、買い物したりしながら走るのであれば魅力的なコースであるが、今日の私みたいにただ走り抜けるだけであれば平坦な分あまり走り応え無いかも。

それでも夏の思い出にはなった。そして、このツール・ド・志摩の何よりの収穫はSGX-CA600のナビ機能。これがあればなにも考えずに迷わず走れてしまう。バッテリーも今日の5時間で残量は52%とまずまず。信州の涼しい高原ルートなんかナビを起動させながらボーっと走ってみたいと妄想が膨らむ。

一応、ツール・ド・熊野ってコースも作ってみたのでもう少し涼しくなったらトライしてみようかな。