Mountain Endurance Life

Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すはSDA王滝100kmCAT優勝。のはずが、いつの間にかロードバイクが中心に。

Zwift - ’ Hironobu(Shamisen R)'s Meetup - Volcano Flat

4連休最終日も三味線ミートアップに参加。

f:id:MountainEnduranceLife:20200726141335p:plain Zwift(Emonda SL6 / DIRETO X ) , '37 , TSS30

 

アップ。中の下。昨日よりはマシ。

集合場所へ移動。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200726141457j:plain Zwift(Emonda SL6 / DIRETO X ) , 1'30 , TSS131

 

10人くらいでスタート。

人数も多いしメンバーも強力なのでアタック解禁までの3周は流れに任せる感じで過ごす。

4周目、ひたすらツキイチの予定だったけど我慢出来ずにゲート越えてからファーストアタック。しかしその弱々しいアタックでは誰も切れないし、そもそも脚が限界間近なので以後はひたすら集団に潜む。潜みながら手持ちアイテムの羽をどこで使うか思案。

悩んだ末、ラスト周回ではなくこの周回の火山で使って少しでも動きを作れればと思うもそうはならず。まぁメンツ的にこの程度ではどうなる感じでも無いし。

最終周はヒロノブさん、ブルーさん、紅さん、クスモトくん、ソラくん、ワタシの6名で。

最初のゲートでまた羽をゲットする幸運がありつつも、もうボロボロで単に後ろにしがみついてるだけ。

海底トンネル過ぎたあたりからつづら折れ越えるまでクスモトくんがずっと5倍以上で牽く。実走なら確実に千切れているところだが、ソコは慣れ親しんだゲームの世界なのでドラフトを最大限活かして何とかついて行く。

ラストの火山で羽を使うが、アタックというよりはここで千切れてしまわない為の補助みたいな。。

そのまま皆さんにぶら下がったままスプリントを見送って(というよりそんな脚が残ってない)ゴール。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200726142113j:plain

 

強大なFTPもしくはPWRを持った猛者達に対して、小さなパワーしか持たない私が如何にして生き残るか。試行錯誤ですな。

 

この4連休はGWみたいにTSS200/dayを目標にしていたけど未達。雨で外走れずロング出来なかったから厳しかった。

でも毎日ヒロノブさんにミートアップを開催していただいて十分すぎるほど練習を積むことが出来た。

1日目:IF0.98 (MU中止でZwiftレース  71min )

2日目:IF0.94 (MeetUp 91min)

3日目:IF0.92 (MeetUp 92min)

4日目:IF0.93 (MeetUp 90min)

その代わり強度が高すぎて無事にボロボロになった。