Mountain Endurance Life

Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すはSDA王滝100kmCAT優勝。のはずが、いつの間にかロードバイクが中心に。

ロードバイク - 第11回ツール・ド・モリコロ キング・オブ・ED ソロ5位

4/20

第11回ツール・ド・モリコロ キング・オブ・エンデューロ ソロに参戦してきました。

 

 

前半3時間

f:id:MountainEnduranceLife:20190421145401p:plain

◆Emonda SL6 , 126.88km , 03'13:34 , TSS243.7(試走データ含む)

 

5時半起床。朝食は丼飯のTMGでエネルギー満タンにしておく。

7時にゴンゾーさんにピックアップしていただき、そのままカワベさんをピックして3人で8時半に会場到着。

諸々の準備を済ませ試走は1周。天気も良くて最高のレース日和だ。

さて、今回の作戦。

①無事故で怪我無く帰る事

②5時間と長丁場なので前半の3時間はとにかく集団に潜んで体力温存

③とは言え、有力な逃げが出来たら乗ること

④また行けそうなら自分からアタック

とした。

同カテゴリー優勝候補筆頭は56さん、シエロくん、あとは同チームのカワベさん。この3人が入った逃げには絶対乗ると決めていざスタート。

f:id:MountainEnduranceLife:20190421150722j:plain

とりあえず大集団で推移。作戦通り集団に潜む。

このペースだとサイクリングと同じでかなり楽に感じるが、少しずつ集団は人数を減らしていく。

同じ時間にスタートの3時間EDソロのゴンゾーさんが前を回している。漢前すぎる!!

レースの経過とともに危ない走りのヒトに何となく目星をつけて注意しながら走っていたが、1時間半が過ぎたあたり、何でもないところで落車発生。間一髪交わしたが、ケンチェくんが巻き込まれたようだ。残念。

これで少し集団と離れてしまったのでカワベさんと追いかけて無事合流。

落車もあって集団も小さくなってきたが、それでもまだ落車のリスクがあるのでカワベサンと前で回すかどうしようかと相談しながら暫らく走る。

途中でシエロくんが落ちてくる。これは展開次第ではワンチャンあるかもと色気がでる。

残り1時間を切ったくらい、スタート地点過ぎから56さんがスルスルと抜け出すのが見える。残り時間と後半2時間を考えて無視すべきか一瞬迷ったが、折角だからと集団真ん中から猛追して追いつく。

そのままもう1人と3人逃げになるが、56さんはローテを回さない。ま、オトナの事情があるんだろうww

3人プラス2、3人が合流して良い感じの逃げが出来ればと思っていたがそうはならず吸収される。

ここからスイッチが入ってしまって、同じく前に上がってきたカワベさんと先頭ローテに入ったり、一緒に逃げを試みたりするがなかなか他の方と協調できずに吸収されるを繰り返す。

f:id:MountainEnduranceLife:20190421151750j:plain

まだまだ余裕だったのでカワベさんと喋りながら楽しく走っていたが、いよいよラスト3周くらいになったところで左脹脛がピクピクしだす・・

やばいなと思いながらラスト周回、右カーブを過ぎて最後の下り坂は私が先頭で入るが左脹脛が限界に。

完全に攣ってしまうと終わりなので、そのまま千切れて5位でゴール。

 

後半2時間

f:id:MountainEnduranceLife:20190421152802p:plain◆Emonda SL6 , 76.23km , 02'00:58 , TSS123.6

 

前半終わって休憩は40分。

パン、バナナ等をほお張り、ボトルの交換、トイレを済ませたらあっという間にスタート時間。

スタート1分前になってもカワベさん、ケンチェくんが来ないww

どうしようもないのでそのままスタート。

後で聞くと少し遅れたので2時間ソロの最後尾からスタート後、2人でTTして全員捲くって追いついてきたらしいww

そんなこんなで2周目あたりで2人の姿発見。

前半最後に脚攣りの私はいつ再発してもおかしくない状況なので、とにかく集団後方でヒラヒラする。よく見ると他のキングカテの人たちも似たような状況。過酷だ。

2時間ソロの方達は当然フレッシュなので後方ヒラヒラでもとにかくキツイ。カワベさんと「もう千切れそうですわ~」と言い合いながら進む。

何とか耐えていたが1時間が経過したころ左脹脛が爆攣り。走りながら誤魔化せないレベルなので左に退避してストップ。3分ほど悶絶するるとともに、私のレースは実質終了。

なんとか走れるレベルまで回復したあとはソロで淡々と周回を重ねる。徐々に脹脛だけでなくあらゆる部位が痙攣し始めボロボロになりながら6位でフィニッシュ。

ゴール後、自転車を降りる際にもう一度脚攣りのオマケつきでした。

f:id:MountainEnduranceLife:20190421153757j:plain

f:id:MountainEnduranceLife:20190421153814j:plain

ゴール後、リザルトをチェックするとなんとか5時間で5位入賞でした。

 

昨年の同大会は2時間ソロ(オーバー40)で3位表彰台。ただほぼ前を牽かず後方ヒラヒラ他力本願族だった。

対して今年は前を牽いたり、アタックに反応したり、はたまたアタックして展開を作ったりと言ったことがある程度出来たので、レース後の達成感ははるかに今年のほうが大きい。

課題は後半の2時間も含めて5時間踏み抜ける脚が無かったことに尽きる。また精進せねば。

 

こんな私でも何とかキングで入賞できた。これもいつもの練習仲間のおかげです。ありがとうございます。また揉んでください。

 

さて、次のレースはいよいよ今年前半のターゲットレース、SDA王滝100km。

あと1ヶ月強沢山練習しよ。

  

補給食、装備メモ

・補給食

朝食:丼飯TMG

レース前:菓子パンx1、バナナx1、アスリチューンx1

前半3時間:mag-on梅味3袋、BCAAとマルトデキストリン入りボトルx2

休憩時間:菓子パンx1、バナナx2

後半2時間:mag-on梅味2袋、BCAAとマルトデキストリン入り大ボトルx1

・使用ジャージ

PERFORMANCEシクロクロス ライト スキンスーツ