Mountain Endurance Life

Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すはSDA王滝100kmCAT優勝。のはずが、いつの間にかロードバイクが中心に。

シクロクロス - 東海CX #3 CM2 7位 13% 25pt

12/20

東海シクロクロス第3戦 CM2に参戦してきました。

会場は砂地獄ワイルドネイチャープラザ。過去2回の参戦ではあまりいい記憶がなく(2018-2019シリーズではほぼ最下位)、めちゃくちゃ苦手意識がある。本心を言えば第3戦はDNSでもいいかなと思っていたけど、今後のシクロクロスへの取組みを考えると避けては通れないだろうということで参戦を決めた。

6時に自宅を出る。東名阪の亀山・鈴鹿では割と本格的な雪。このまま通行止めとかになれば走らなくていいのにとネガティブなことを考えていたが、幸いにして??そうはならず7時過ぎに会場に到着。

たまたま車を止めたら向かいがササキさんだったのでご挨拶。ファットバイクでの出走とのこと。確かにMTBの太いタイヤの浮力なら砂区間は有利な展開になるだろう。いわんやファットバイク。ワタシもTop Fuelで走ろうかと考えたことがあったが、上位カテゴリーになるとMTBでの出走は認められておらず、なにより冒頭のとおり今後のことを考えると砂もシクロクロスで乗れるようにならないと。

早速準備して試走へ。

砂はタイヤ圧を落とした方が乗れるとの情報から、普段前後1.7barのところ1.6barにして2周。1周目はコースチェックしながらゆっくり。2周目はレースを想定して攻め気味に。セオリー通り轍を狙って前輪を突っ込むんだが、前走者との兼ね合いで狙い通りいかないこともあるし、何よりテクニック不足なので轍を走ってても自らそこから飛び出てしまい失速する。

という感じではあったが、思ったより乗れるなというのが率直な感想。あとはLDKFMでも話題に上がっていたように、砂だろうが泥だろうがなんだろうが結局は脚のある選手が強いんだということを思い出して沢山練習してきたのだという自信だけは無くさないように努めた。 

試走を終えて車でちょっと休憩のつもりが寝落ちしていて、気づいたらソラくんのレースが終わっていた。さも観戦していたかのような体で表彰式には顔を出しておいた。

カモンさん、ケイコさん、ソラくんと少しだけ話をしたあとレースの準備。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20201221093259j:plain

 

ミノウラFG220デビュー。15分流したあと30s/30sインターバル5本で心拍を160以上まで上げて2分ダウンで終了。それにしても爆音だ。周囲も多数がローラーでアップしていたがワタシがひと際爆音。なんでや。

 

そんな感じで準備を終えて定刻通り召集。

目標は優勝して昇格。悪くても一桁順位でのフィニッシュを最低ラインとした。

f:id:MountainEnduranceLife:20201221101258p:plain◆Crockett 5 Disc , 8.6km , '32 , hrTSS42

 

スタート位置は3列目。

f:id:MountainEnduranceLife:20201221094552j:plain

 

クリートキャッチも決まって無難なスタート。砂区間の最初の右カーブで前走者が止まったのでランに切り替える。ここは上手く処理出来た。林区間に入って次々と前をパスしていく。祖父江砂丘は試走時に確認したラインを選んで可能な限り乗車して6位で1周目を終える。

2周目も快調に走り砂丘直前の砂区間を乗車クリアして一気に3位に浮上。表彰台が見えてきたがその砂区間の乗車クリアのために結構脚を使ってしまった。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20201221100450j:plain

 

浮島周りをランで越えてからの右カーブの下りで前走者が止まったタイミングで前輪が轍から外れて前転。コーステープにも絡まってもがいている間に後続にかなり抜かれた。ここのリカバリーとその先の長い下りでかなり体力が失われたのと同時に、砂区間も乗れる!という自信が急速に失せてしまってリズムが狂う。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20201221101603j:plain

 

6位くらいで3周目に入る。まだ2周あるので挽回したところだが、悪いことは続くもので前転した影響かリアシフトが故障してギアがロー固定になってしまう。おかげでスピードに乗れるはずの林区間が激遅に。観戦者から「もっと踏め~!」と激励されるが踏めなかったんですの。

 

DSC_0404-2

 

結局失ったリズムも戻らず3周目も2周目と同じところで前転。4周目は長い下り前のアップダウンで転倒と散々な感じに。

最後は下りを全部ランでクリアしてゴールまでのストレートに。ここでロー固定のワタシを混走のC3の選手がもがいてパスしていくのをぼんやり眺めながら7位でゴール。優勝はおろか表彰台にも遠く及ばずでした。

総括すると砂区間を踏み倒す脚力不足から体力が限界になってしまって前転からのメカトラ、結果7位ということだろう。全てワタシが悪いんですわ。

 

さてメカトラの件。

昨年パーツ変えて軽量化したCrockett 5 Discであるが、試行錯誤したポジションもこのうえなくハマってメチャ乗りやすい&進めやすい。かなり気に入っているのだが、今回シフトが壊れて前回のワイルドネイチャーでも全く同じ現象が起きたことを思い出した。確かシフターに砂が詰まってしまうのが原因だったような。そういう意味ではシフトが唯一の難点。

こけなきゃいいんだろうけど、真面目に電動化したい。