Mountain Endurance Life

Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すはSDA王滝100kmCAT優勝。のはずが、いつの間にかロードバイクが中心に。

シクロクロス - スキル練 / Zwift - EVR Asia (A)

今朝は日曜日の東海シクロクロス第1戦に向けて最後のスキル練。

いつもの公園で基本の8の字、飛び乗り、180度ターンを繰り返す。それぞれそれなりに形になってきた気がするが、レース強度でないので所詮独りよがりに過ぎない。やらないよりマシ程度。

あとシューズは乗車降車や担ぎを考えて最古参のSIDIで走る。アッパーがクタクタなので足が固定されすぎず動きやすい。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20201106210940j:plain◆Crockett 5 Disc : 10.2km , 0'45 , hrTSS30

 

この程度の練習時間でも朝露??でしっかり汚れる。洗車して風呂入って出勤。

 

=====

帰宅後2部練。

昨晩突然クリート弄り病を再発。左のみシムを3mm入れてつま先をややイン側に。それのチェックも兼ねて帰宅後久しぶりにZwiftレース。

19時前後に1時間程度のレースがいくつかあったが、CXレースを意識したインターバル練ということで火山サーキット8周をチョイス。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20201106212456p:plainZwift(Emonda SL6 / Pioneer )  : 0'49 , TSS87

 

適当にアップして会場イン。同カテでイノウエさん、別カテでヒロノブさん、オカジマさんも参戦。

1週間前に同コースで勝利(その時は4周)してるので割と相性がいいコースだと思っている。今回はなるべく上げ下げせずしっかり休みながらメリハリをつけることを心がけてスタート。

ウォームアップ区間、1周目は割と平和。2周目の登りで少し飛び出してしまったのでそのまま踏んでいくと3周目に入る頃には結構人数が減る。

しかし残った選手が皆強い。アタックとか無いけど火山の登りは毎周回全力なので脚がどんどん削られていく。体感的に先週のレースよりかなりキツイ。余計な動きをせず休めるところは全力で休んで周回を消化していく。

8周目は10人で。牽制気味かと思いきや火山トンネル出て下ってすぐ日本人選手が9倍で逃げていく。タイミング的に早過ぎないかい??と思うが皆追いかける。ただ協調というよりそれぞれが追いつけたらそのまま逃げようという感じ。ワタシは遅れ気味だったが、最後の登りで虎の子の羽を使って追いすがる。ゴール前の短い登りも諦めず踏んで前の選手に追いついて並んでゴール。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20201106214503j:plain

・Pioneer : 48:10 283w (NP316w)

 

なんとか差しきって3位。

 

ところで、左シューズのシム入れたことによる効果はペダリングモニター上も感覚的にもあまり意味が無かったみたい。元に戻すか。