Mountain Endurance Life

Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すはSDA王滝100kmCAT優勝。のはずが、いつの間にかロードバイクが中心に。

Zwift - 3R Whole Lotta Lava Hilly Race - 1 Lap (16.9km/10.5mi 183m) (A)

昨晩深酒してしまったので今朝は軽めに。

f:id:MountainEnduranceLife:20200903203642j:plain

 Zwift(Emonda SL6 / DIRETO X ) , '48 , TSS45

 

ジャングルの登りだけFTPで7分ほど。ジワっと踏むとDIRETO XとPioneerはほぼ同一出力。

汗かいてスッキリして出社。

 

帰宅して夜の部。

f:id:MountainEnduranceLife:20200903203933j:plain Zwift(Emonda SL6 / DIRETO X ) , '28 , TSS24

 

コースを下見がてらアップ。調子は普通。

スタート地点へ移動。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200903204057j:plain Zwift(Emonda SL6 / DIRETO X ) , '26 , TSS50

 

ソラくんがエントリーしていたのは分かっていたけど、レース前にもう一度リスト見るとクスモトくんの名前が。コースがVolcano KOM含みの短いレースなので嫌な予感しかしない。

100人ほどでスタート。勝負所のVolcano KOMまでも速くてなかなか辛く、あっという間に登り口。

後ろ300w位で7分ほど耐えたらいいだろうとじっくり踏む予定だったが先頭がメチャ速い。あっという間に集団はバラバラ。クスモトくんとソラくんは当然先頭に入っている。速すぎるので見送って第2集団で走ろうかと1秒くらい考えたが、練習なのでこの際砕け散ってもいいやと割り切って行ける所まで行くことに。

しかし速い。脚がチンチンに熱せられる。一定で踏む地脚がないのでガチャ踏みインターバルで誤魔化しながら中盤の緩斜面を越える。これはもしかすると最後まで、、、と思ったがそう甘くは無く程なくして千切れた。その後は同じ千切れ組3人でローテしながら最後まで。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200903205227j:plain

 

11位。5分以上踏めない脚質のワタシにしては上出来。クスモトくんとソラくんのおかげです。

ついでに5分、10分、20分のピークパワー更新。更新はこれで謎の3日連続でバブル到来の様相。それだけにバブル崩壊が怖い。

そしてしつこいようだけど、やはりPioneerはave、NPともに10wほど高く出力されていた。ワタシみたいなガチャ踏みタイプはクランクの歪が大きいのかもしれないな。

 

 

Zwift - ZHR Masters Atlantic (B)

今日は午前休だったのでゆっくり目に起床。と言っても6時前に自然に目が覚める。

朝ごはんを食べてから、8時からのZwiftレースに出るためにアップ。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200902140903j:plain Zwift(Emonda SL6 / DIRETO X ) , '25 , TSS23

 

調子は普通。昨日と同程度。

会場へ。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200902141043j:plain Zwift(Emonda SL6 / DIRETO X ) , '50 , TSS95

 

年代別カテゴリーだがジャージは識別しやすいようそれぞれ異なるものを着用。ではあるが、スタートは全カテゴリー同時。

アップで会場のHilly Routeを試走したのでバッチリだぜ!と思っていたら、プロファイルをよく見ておらず実際はHilly Route Reverseだった。我ながらア〇だな・・

気を取り直して。

スタートから速い。速すぎる。昨日のデジャブか。カテゴリー的には60代、70代でも6倍ZPなどが多数でカオス。1周目の橋越えた急登は9倍以上で瀕死。そのままKOMまでもZPが鬼牽きでKOM越えた下りも4倍以上で踏まないとあっという間に離される。ヒドイ。

2周目も相変わらず。1周目同様橋越えた急登がこれまた8倍で半分千切れかけたが、運よく持ってた羽使って無事合流。久々に変な声が出た。この時点ですでに10人強にまで絞られる。あと2周あるんですけどー

しかしさっきの急登でZPはほぼ居なくなったので3周目からは通常ペースに。やれやれと思ったのも束の間、60代ZPが5倍以上で猛追・合流してそのまま前を牽きだす。流石に仏のワタシも苛立ちを抑えきれず思わず”ZP!!”と一言チャット。皆同じ思いだったのか一斉に放置したら大人しく戻ってきた。

4周目に入る頃には集団も10名を切っている。そこに一人追いついてきたZPもそこまでアゲアゲせず。KOMを越えて下りで息と脚を整えて平坦へ。ラスト1kmからペースアップ。600m位から皆がスプリントを開始するが我慢し、300m切ってからエアロヘルメット使ってスプリント。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200902143220p:plain

2位。全体では3位かな??。

結果的によく踏めたので昨日更新したばかりのMNPを更新。ホンマかいな・・

 

ところで今日もDIRETO Xとペダモニで随分と出力に差が出てしまった。

・DIRETO X : 49min 268w (NP286w)

・Pioneer : 49min 280w (NP305w)

 *双方毎回キャリブレーション実施 ← 神経質

Zwiftレース、特に昨日や今日のような限界ギリギリペースによって激しいインターバル(データが剣山)が掛かる場合は顕著な気がする。

EPIC KOM等のペース走ではほぼイコールであることは確認済みだけど、もう一度ペース走してやはり出力が近似値ならZwiftのパワーソースはペダモニにしようかな。レースの時有利な気がする。

しかしそうなるとCXへの移植計画はどうなるんだ。

 

 

Zwift - 3R Watopia Flat Route Race - 3 Laps (30.8km/19.1mi 162m) (A)

9月スタートはFlat Route Raceから。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200901085110j:plain Zwift(Emonda SL6 / DIRETO X ) , '33 , TSS25

 

アップ。中。心拍だけは上がった。

会場へ。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200901085218j:plain Zwift(Emonda SL6 / DIRETO X ) , '49 , TSS90

 

エントリーリストに知り合い多数。

ブルーさん、ドラコさん、王滝年代別王者ヤクシジさん、東海強豪ライダーコガさん。

特にヤクシジさんとは初Zwiftレースなのでとても楽しみにしてスタート。したはいいが初っ端から速い。速すぎる。1周目は限界ギリギリハイペース。もう切れて楽になってしまいたいが知り合いの皆さんは残ってる。意地で着いていく。

2周目に入り若干ペースは緩やかになるも、集団は既に15人程。トンネル出たところで「後ろとは大きな差がついてるからもう少しペースダウンしようぜ」とどなたかの神発言。私は大賛成だったが誰も言うこと聞かず。。心の中で舌打ちしながら仕方なく着いていく。

3周目に入ってまたペースアップ。終わりが見えてきたのとやや慣れてきたのとで少し気持ちに余裕が出来てどうやって着に絡むかを考える。

しかし大した策などある訳もなく、ラスト300mからスプリント開始。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200901090541j:plain

 

集団のケツでゴール。結局のところ最後まで残ってかつ最後まで脚のある選手が強い。

それにしてもキツかった。身体にいいことをしてるとはとても思えない。が、おかげで諸々更新出来た。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200901090829j:plain

*Pioneerより 

 

レースのパワーソースはDIRETO Xで48min 273w (NP278w) 。対してバックアップのPioneerは48min 281w (NP296w)。結構差があるな。でもMaxPowerはDIRETO Xの方が高い。

異なる計測器二つを同時に走らせてるから差が出るのは当然と言えば当然。どちらか一方だけ使用すればいいんだけど、どうしても二つ使って比べてみたくなる。

オーダー済みのWolf tooth 42tは未だ入荷せず。それが来たらペダモニクランクをローラー車からCX車へ移植してしまうからDIRETO XのみのZwiftライフで問題解決なんだけど。

 

 

ロードバイク - 山林舎往復

今日は今年4回目の山林舎往復。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200830194218p:plain◆Madone SLR 9 Disc , 148km , 4'22  , 34.0km/h , 166w(NP197w) , TSS233

 

6時過ぎに家を出て集合場所へ。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200830194451j:plain

今日は5名でスタート。ヤスさんお久しぶりです。

 

6時半出発。が、既に暑い。蒸し暑いのである。激しい消耗が予想されるので何時にも増して抑え目ペースで進む。

166で先行していた噛まれ屋さんをキャッチしてからしばらくしてヤスさんが居なくなる。さっきまで談笑していたのだがはて??と訝っていたがどうやら暑さに参ってしまったようだ。

残ったメンバーで先を急ぐ。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200830195409j:plain

 

なんだかんだで2時間強で到着。

暑すぎるので各々十分に給水しながらタクマくんのスプリント講座に耳を傾ける。ついでにマイMadoneでもがいてもらったらポジションも合ってないのに軽く4桁出してしまった。また機会作ってスプリント講習会を開いてもらおう。

 

そんなことがありつつ折り返しスタート。

しかし暑い。くどいほど暑い。あまりにも暑すぎるので下り基調の復路はほぼ踏まずにオーバーヒートしないよう慎重に走る。

途中で2回ほど給水休憩入れながらなんとかゴール。これだけ暑いと命がけやな。

とはいえ脚の疲労はそれほどでもない。今週は平日も週末も良く掛かった。

レースも無いのに無駄に仕上がってる感がある。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200830200028j:plain

 

夜は長男の希望で肉。

久しぶりに美味しかったけど、換気が行き届き過ぎててここでも暑さに参った。

 

 

ロードバイク - 有志練 美杉

今日はいつものメンバー3人でロケッツ練コース。

f:id:MountainEnduranceLife:20200829190959p:plain◆Madone SLR 9 Disc , 115km , 3'39  , 31.5km/h , 178w(NP224w) , TSS252

 

6時半にスタートするも直後から振り出した雨が次第に強まり榊原ではほぼ土砂降り。家出る前にこれだったら確実にDNSレベルなんだが走り出していればそれほど気にならず。その雨も165に出る頃には上がって快晴に。

先頭5分くらいでほどほどペースでローテ。当たり前だけどソロと違って疲労感が全く違って脚が温存できたので雨乞峠TT。

スタートは280w位で抑え目で入って、、、と思ってたら横からカワベさんがダンシングで爆走。それに追走するゴンゾーさん。慌てて350wで追いかけるも全然追いつかない。諦めてマイペースに切り替え。あのペースで走れば最後までもたないだろうと300w切らないように走って追いつく予定が結局最後まで追いつけず。それでも8:39 313wでベストを30秒以上更新。やはり皆と走るとブレークスルー出来るな。

仁柿折り返して道の駅で小休止。ここで久しぶりにイタさんにお会いできた。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200829192024j:plain

f:id:MountainEnduranceLife:20200829194055j:image

 

ゴンゾーさんの次期(エアロ)バイク検討材料のためにしばらくSPEED 40Cをお貸しすることに。おかげで登りが無双なのは元々として、平坦でも速くなってしまってもはや穴が見つかりません。

そんなエアロな3台で逢坂からの下り基調はをローテして快速過ぎるほど快速で帰ってくることが出来ました。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20200829192556j:plain

 

晩メシは明日も沢山走りたいので手軽に炭水化物を摂取できる一つ覚えのパスタ作。ソースにみじん切りの人参を投入したら甘みが増して美味しかった。