Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すは「SDA王滝100km」カテゴリー(40代男子)優勝。

MTB - 青山

今日もチーム練。

6時に家を出ようとバイクをチェックするとリアタイヤがパンクチャー。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20180701222554p:plain

*Top Fuel 9.8 SL , 70.45km , 3'10:33 , hrTSS139 , 2,345KJ

 

とりあえず集合には間に合わないのでメンバーには連絡。

青山終わりぐらいに合流すべく修理開始。

が、48㎜のバルブ長のチューブしか手持ちがなく断念。

在庫管理が出来てない。練習中じゃなくて良かったと前向きに捉えよう。

 

ローラーにしようか迷ったがMTBで出発。

昨日の疲労はそこそこあるが出だしは快調。

榊原から青山を登り始めて5分ほどで下ってきたメンバーに会って少し立ち話。

754さん、どうやら昨日はチーム練後もあの暑い中走り続けてトータル190㎞だとか。

曰く「家帰って計ったら体重が59㎏になってましたわ~」

自分「そらそやろっ!!」と突っ込むような事はせず。

その結果、今日の青山は39分だったらしい。

やはり754さんには疲労という二文字が無いようだ。

 

754さんとそれほど身長が変わらない自分の体重が66kg前後。

仮に59㎏になったらあれくらい軽やかに走れるんだろうか。

どうなんだろう。

6㎏の重りを持って走ってると考えるとやはり軽い方が良い気がする。

悩ましいところではある。

 

メンバーと別れた後一人青山を登るが半分を過ぎたあたりから急に力が入らなくなる。

残り3㎞くらいが永遠にも感じる。

何とか50分くらいでロータリーに到着。汗の量が尋常じゃない。

そして何より疲労困憊。

 

直ぐに下山しても暑いだけなので高原道路を三角点まで移動しながら身体を冷ます。

しかし、この区間のアップダウンすら苦痛なくらい力が入らない。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20180701223901j:plain

 

ここから引き返して伊賀越から安濃ダムへ抜けようと思っていたが気力がなくそのまま来た道を引き返す。

途中163をゆっくり下っていると「こんにちわ~」と後ろからローディーが軽快に自分をぶち抜いていく。

誰だろうかと思いながらも、追いかける気力も体力もなくひたすら家を目指す。

やや頭が痛いと思いながら11時頃帰宅。

 

 

f:id:MountainEnduranceLife:20180701224255j:plain

 

昼食と昼寝のあとサイクルキャリアの掃除。

車を替えたので前の車にセットしてたth961とProRideをそのまま載せ替えようと思っていたが、th961が短くて今回の車に合わない。

ProRideを載せるためにはth962の135cmを新たに買う必要がある。

迷いに迷ったが今の自転車ライフを継続するにはどうしてもキャリアが必要なのでth962を買うことに。

th961はとりあえず、、、保管。

その後はミヤタさんへ行ったり、パンク修理と子供の自転車の整備等でぐったり。

おかげで夜になっても頭が痛い。軽い熱中症だろうか。

この先夏のライドが思いやられる。。

 

来週は木曜から土曜まで出張なので乗れない可能性大。

ローラー使って上手くやりくりだな。