Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ  ー  目指すは「SDA王滝100km」カテゴリー(40代男子)優勝。

ロードバイク シマノ鈴鹿・チームタイムトライアル

5月のスズカ春spの打上げ時に急遽決まったこのシマノ鈴鹿TTTへの参加。エアロスーツ、エアロヘルメット、DHバーなど機材の準備から始まり、初のTTT練などを経て無事に本番を迎えた。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20170820171610p:plain

ロードバイク(Emonda SL6) , 11.7km , '17:58 , TSS:16.8 ,  210KJ

 

10時ににしさんと集合して鈴鹿サーキットへ向かい、午前中から他種目へ出場しているすずさん、別集合の373さんと合流。サーキット周辺の道路で簡単に4人でのアップを済ませる。その後、簡単な作戦。ディープホイールのすずさん、373さんの間ににしさん、私が入るオーダー。後は、先頭交代の合図の確認など。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20170820195723j:plain

f:id:MountainEnduranceLife:20170820195732j:plain

 

チームTT(JCF未登録)(2組)の集合時間に合わせて集合。とにかく暑い。灼熱だ。我々のチームは2列目。スタートと同時に5秒おきに順次各チームがスタートしていく。緊張の中スタート。

シケインまでの上りを抑え目に進み。西ストレートからスプーンカーブへの上り、そしてヘアピンからテグナー、ダンロップカーブと1周目を順調にローテしながら進む。個人的には意外と楽だなと感じるペース。

2週目。ヘアピンまでの上りで先頭の373さんから多少遅れる。すぐさますずさんから373さんへ「ペース落として」との声かけ。とは言いながら、実際この時点ではまだ多少の余裕があるが、ペースを落としてもらえるならそれはそれでいいかなと思う。先頭交代時に373さんから「すぐ交代な」と声かけ。ここはお言葉に甘えてすぐ交代。すずさん、にしさんとローテ。テグナーからの上りで私が前がかりになりローテから一瞬左に外れる。後ろのすずさんから「順番かわるわ!」と声掛け。ここでローテに復帰できずそのまま千切れてしまった。

ダンロップカーブから前を行く三人に追いつけないのは分かってはいたけど、踏みまくって少しでも近づこうとするもそのまま距離は離れるばかり。関門ポイントからゴールまでは流しながらヘロヘロとゴール。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20170820200805j:plain

 

どうしても4人で揃ってゴールしたかった。悔しいの一言に尽きる。

千切れた原因は、単に私が弱かっただけだけども、反省点もあるにはある。

一つ目は給水。レース前から20分程度だから給水しなくても行けるだろう、という少し甘く考えていたところはある。レース後、他の3人に聞くと皆きちんと給水していたようだ。たらればはないけど、1周目終わりのストレートで給水してれば失速はなかったかもしれない。まぁ、後の祭りだ。

二つ目は強度への耐性。じんわり長距離を走るのはある程度走れるけど、このTTTでのスピード・強度を20分程維持する力がなかった。FTPとL5、L6のインターバルを今以上にメニューに取り入れる必要を痛感。

三つ目。これは反省点ではないかもしれないけど、やはりディープリムのホイールがあった方がいいかもしれない。脚が無いんだからせめて機材に頼るべきかなww

とにかく、5月の春spでロードレース初体験、このシマノ鈴鹿で初TTT。良い経験になった。

さて、来週は乗鞍ヒルクライム。クライマーではないと自覚してるので、とにかく初乗鞍を楽しもう。