Mountain Endurance Life

自転車でエンデュランスライフ

ロードバイク スズカ春sp8時間エンデューロ・4時間ロード

昨日はスズカ春sp8時間エンデューロに参加してきた。初のロードイベントで不安と楽しみが交錯するなか怪我なく無事終了。チームとしては自分の参加した4時間ロードは17位/371チーム中、4時間男女混合は見事優勝!素晴らしい。そんな中いろいろ課題も見えた。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20170529090310p:plain

ロードバイク(Emonda SL6) , 41.5km , 01'10:44 , TSS:82.5 ,  824KJ

 

当日は3時45分集合。初参加ということで要領が全く分からず荷物がかなり多くなってしまったが、結果不要なものが多かった。また鈴鹿サーキットパドックからシケイン付近のピットエリア区域までの往復のため、荷物はリュックに入れたほうが移動が楽だ。こんな初歩的なことでも次回に向けてずいぶん勉強になった。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20170529091741j:plain

 

ピットエリアでのチーム陣地の設営が終わるころ、イタさんから第1走者に指名される。練習時に第1走者は集団に揉みまくられるので「地獄」だと聞いていたのでなるべくなら避けたかったが、経験を積ませたいとの皆さんの愛情だと受け止めて快く引き受けた。

6時15分から試走開始。イタさんにコースの特徴をレクチャーしてもらいながら2周。原則として斜行はNGで、特にコーナーではラインを変えないこと、交代サインなどポイントを教えてもらう。少し脚が重いと感じる。王滝後の一週間、割と身体が動いたのでリカバリーに徹せずトレーニングしたことを少し後悔。特に水曜日にスプリント練と土曜日のピコット前のアタックが余計だった。セルフマネジメントが出来てないダメな奴だ。コース自体は、勾配がキツイ箇所もあってパワーが必要だと感じた。

7時15分、レース開始に向けて集団の先頭に並ぶべく男女混合4時間のすずさんと場所取りに向かう。7時30分選手コースイン。3列目くらいに陣取れた。すずさん曰く、周りは強い人ばかりだとか。そりゃそうか。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20170529092026j:plain

 

今回の作戦としてはなるべく先頭集団についていき、2周か3周ごとに交代すること。また、交代の際にはゴールラインからピットインまで全力でもがいて交代メンバーに集団復帰をしてもらうこと。

8時3分レーススタート。ローリングスタートなのである程度ゆっくりとしたスピード。コーナーや坂の立ち上がりなどスピードの変化がある場面ではブレーキの掛け声や合図を出し合う。前を牽くプロがスピードを上げたところで本格的にスタート開始。しばらく見えていたすずさんの姿が確認できなくなる。それでも、1周目までは縦に大きく伸びた先頭集団の後ろのほうにいた気がするが、2周目に入ると徐々に千切れていく。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20170529092919j:plain

 

3周目には脚終了のお知らせ。交代サインを出してゴールからピットまでもがいて交代。待機場所にもどると、暑さもあってか少し気分が悪かったが、BCAA入りのドリンクをがぶ飲みして少し落ち着く。結果として第1走者の自分が無理して3周目を走ったことによりチームは完全に先頭集団から千切れてしまった。後はチームメイトがそれぞれ脚のあった小集団を見つけながら3周交代を目安にもくもくと周回をこなすだけになってしまった。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20170529092922j:plain

 

冒頭に書いた通り結果は17位。みんなそれぞれが持てる力を出して走った、という点では良かったが、全く勝負にも絡めずじまいだったのが残念。やはり第1走者の自分が早々に千切れてしまった責任は大きい。チームメイトには申し訳ない気持ちだ。あと、反省点としては、もう勝負には絡めないのはわかってたのだから、男女混合チームのメンバーの前を牽くなどのアシストが出来なかった点。せめて自分の周回時には全力で走って次回につなげようという気持ちが強すぎて、全く周りが見えてなかった。もっとチームで参加してるってことを意識して協力すれば良かったし、そうすることでよりこのイベントを楽しめたのではないかと思う。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20170529094026j:plain

 

12時45分からの表彰式で男女混合チームの栄誉を見届けて撤収。いつかは自分達も表彰台に立ちたいと4時間ロードのチームメイトと話しながら帰路へ。移動そのものはレース会場が地元鈴鹿サーキットなので近くて楽。

 

f:id:MountainEnduranceLife:20170529094651j:plain

 

15時過ぎに帰宅し片付けをしてシャワーを浴びて17時からの打ち上げ@脇田屋に参加。突然の打ち上げ開催だったので参加者は5名と少なめだったが、今日のレースを振り返ったり、反省したり、次回に向けた展望を語ったり、とにかく自転車のことばかり話してた気がする。普段の練習、レース、飲み会を含めてこのチームに誘ってもらってホント良かったと思う。

次回のレースへのチームとしての参戦はシマノ鈴鹿ロード。メンバーはすずさん、373さん、にしさん、自分の4人。今日の反省を活かしてチームの力になれるようにまた明日からトレーニングに打ち込むのみ。と思ってたら、「TTバーいるで。あとジャージじゃなくてTT用にワンピースもあった方がええで。」とのこと・・・。また自転車グッズが増えていく・・。